歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方

歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方は一人一人の口の中の状況で変わってきます。
}PgžxQ
歯ブラシだけでは磨き残しが出てきてしまう事が多いので、補助清掃用具は綺麗な口腔内を維持する為には大切になってきますが、間違った使い方をしてしまうと歯茎が下がってしまう原因にもなってしまうので、正しい歯間ブラシやデンタルフロスの使い方は大切になってきます。

両方とも歯と歯の間に残ってしまった汚れを取るものにはなりますが、フロスは比較的歯と歯の隙間が少ない人用です。

歯と歯の間に無理をして歯間ブラシを入れてしまうと歯茎が下がってしまう原因になってしまうので、空間が少ない人はフロスの使用がおすすめです。またサイズもSSSからLなどメーカーによっても少し異なってきますが、大きさが変わってくるので、サイズ選びも重要になってきます。

かかりつけの歯科医院で相談すると自分にぴったりと合ったものを選んでくれる事が多いので、定期的に定期健診に行っている人は健診の際に相談してみるのも一つの方法です。またフロスではただ通すだけではなく、左右の面に沿わせて汚れを取ってあげる事も大切です。

磨き残しは癖になってしまう事が多いので、歯科医院で確認してもらうとより正確に把握する事が出来ます。