未分類

キシリトールガムは歯磨きガムとしても認識されているガムです。

そもそもキシリトールとは、多くの果実や野菜の中に含まれている天然甘味料です。砂糖と同等の甘味があるのに関わらず、カロリーが少ないのが特徴です。
虫歯の原因になる糖を使っていないので、歯のミネラルを溶かす酸が出されません。また、口の中の細菌を増やさないので、酸を抑制します。こういった特徴から、虫歯の原因にならない、虫歯の発生や進行を防ぐ効果があると評価されているのです。

宣伝文句として、歯磨きガムという事がクローズアップされてますが、ガムを噛んだからといって歯磨きをしなくて良いという訳ではありません。
これはあくまで、歯磨きを補う補助的な役割を果たすものです。
効果的なガムの噛み方は、3度の食事後とおやつ後の計4回、1回あたり5分以上噛むようにします。
苦でなければ10分から20分ほど、味が無くなっても噛むとさらに効果的です。しっかり噛んで唾液をたくさん分泌させる事が、虫歯予防に有用なのです。

また、噛んでいる内に口の中に唾液が溜まってきますが、すぐに飲み込んでしまわず、それを口全体に行きわたらせるようにします。この行為は、キシリトールを口の中で長く停滞させる事になります。
歯磨きの代わりにはなりませんが、歯磨きをして歯磨きガムを噛むと、さらに虫歯予防の効果が高まります。
また、口臭予防にも有用です。

歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方は一人一人の口の中の状況で変わってきます。
}PgžxQ
歯ブラシだけでは磨き残しが出てきてしまう事が多いので、補助清掃用具は綺麗な口腔内を維持する為には大切になってきますが、間違った使い方をしてしまうと歯茎が下がってしまう原因にもなってしまうので、正しい歯間ブラシやデンタルフロスの使い方は大切になってきます。

両方とも歯と歯の間に残ってしまった汚れを取るものにはなりますが、フロスは比較的歯と歯の隙間が少ない人用です。

歯と歯の間に無理をして歯間ブラシを入れてしまうと歯茎が下がってしまう原因になってしまうので、空間が少ない人はフロスの使用がおすすめです。またサイズもSSSからLなどメーカーによっても少し異なってきますが、大きさが変わってくるので、サイズ選びも重要になってきます。

かかりつけの歯科医院で相談すると自分にぴったりと合ったものを選んでくれる事が多いので、定期的に定期健診に行っている人は健診の際に相談してみるのも一つの方法です。またフロスではただ通すだけではなく、左右の面に沿わせて汚れを取ってあげる事も大切です。

磨き残しは癖になってしまう事が多いので、歯科医院で確認してもらうとより正確に把握する事が出来ます。

年齢を重ねていくと、自分では気がつかない部分も老化が進行しています。

顔なのにできる、シミやシワは自分でも鏡をみれば認識ができますが、体内の老化は見つけることが難しいです。

そんな老化の一つになるのがお口のトラブルです。

歯茎が痩せてきたり、歯が動揺するなどになる歯周病になる人が全体の八割を超えています。
歯周病は、最後は歯が抜けていく恐い病気です。

そんなトラブルを改善するには、正しい歯磨きと予防歯科の観点からの歯磨き粉を選択することです。
歯周病になってしまうと、少しでも進行を抑えることが大切です。
そして、それができるのが自分自身の毎日の歯磨きです。
その際の、歯磨き粉には基本成分が研磨剤・湿潤剤・発泡剤・香味剤のものは化粧品に分類されます。
また、これとは逆に薬用成分が添加された医薬部外品の2つがあります。

自分が求めている症状を予防する効果があるのを選ぶことが重要です。
まず、その成分を確認をして、自分のトラブルと合わせて考えると選ぶときに迷うことがなくなります。

歯の汚れを磨いて、落とすことが歯の健康には大切なことです。
歯の磨く方も、歯科衛生士の指導を受けてキチンとすると歯や歯茎は改善していきます。

ドラッグストアやスーパーには、たくさんの歯ブラシが販売されています。
きちんとした選び方を知ることで、口の中を効果的に清潔にすることができます。
赤ちゃん14
歯ブラシは、自分の口に合ったものを選ぶことが大切です。
歯周病で歯茎が腫れている場合は、毛先が柔らかいものにすると、
痛めることなく、歯をきれいに磨くことができます。

虫歯予防をする場合は、ふつうの硬さのものにします。
かためというものも販売されていますが、硬すぎてしまうと、
歯茎を傷つける原因になります。
ゴシゴシと力を入れて磨かないように注意が必要です。
力を入れて磨いてしまうと、毛先が広がってしまいます。

毛先の部分の大きさが、大きすぎると奥歯まで届かないことがあります。
せっかく磨いていても毛先が届かないことで、虫歯になってしまいます。
毛先はコンパクトなものを選らんだ方が、すみずみまで磨くことができます。
特に、歯並びが悪い場合は、小さな毛先で、きちんと磨けるように、
細かく動かしていきます。
歯磨きは日常の習慣として根付いていますが、毎日磨いていても、
磨けていないことが多くあります。
鏡を見ながら磨くことで、実際に毛先が歯に当たっているかを確認することができます。

毎日まめに歯磨きをしているのに、なぜかよく虫歯ができてしまう人がいます。磨き方に間違いがあるのかもしれません。

まず、歯磨きの時に何となく歯ブラシを濡らして歯磨き剤をつけていませんか。これはダメです。歯磨き剤が素早く泡立つため、短時間で磨いた気になり、汚れが落ちていないことが多いのです。
歯ブラシの上に歯磨き剤をのせ、そのまま口の中へ持って行くのもNGです。歯磨き剤が1箇所にべっとりついて、全体に行きわたらないからです。歯ブラシの中にしっかり馴染ませて下さい。
歯磨き後に口を何度もすすぐのも間違いです。フッ素がすべて流れてしまいます。フッ素効果を高めるためには、一口の水を含んで、約20秒間くちゅくちゅして終わりにしましょう。
強い力で磨いてしまうのも間違いです。歯のエナメル質を傷つけるリスクが高まります。歯ブラシは軽く持ち、ゆっくり丁寧に磨いて下さい。
歯ブラシの交換時期にもご注意を。新しい歯ブラシはコシがあり毛先もそろっているので、歯と歯の間の細かい部分に毛先が届き、汚れをしっかり落とすことができます。が、使い古しの歯ブラシは、コシがなくなり毛先も開いているため、時間をかけて磨いても毛先が細かい部分まで届かず、汚れが残ったままになってしまいます。
交換のタイミングを見極め方としては、歯ブラシを後ろから見て判断して下さい。柄から少しでも毛先がはみ出していたら、交換しましょう。毛の硬さなどにもよりますが、1〜2カ月に1度程度が交換のタイミングです。これより短期間で毛先が開いてしまう場合は、自分の歯磨きを見直してみましょう。力が入りすぎているなど、適切でない磨き方をしている可能性が高いです。

歯磨きを行う時、手磨きと電動の方法で磨いていくことができるのですが、手磨きの場合、細かな部分まで綺麗に汚れを取ることが難しくなってきます。

子供09

手で磨いていく場合、歯の隙間の部分を綺麗に磨くことが出来ませんので、汚れが残ってしまいプラークの蓄積の原因となってしまいます。
また、手磨きを行った場合、力を入れすぎてしまう為歯の表面に傷をつけたりエナメル質を傷つける原因となるのです。
電動で磨いた場合には、歯の隙間の磨きづらい部分についてもしっかりと磨いていくことができるため、プラークの蓄積を防止することができるのです。
歯を磨くときにも余計な力を入れることなく磨いていくことができますので、エナメル質を傷つける心配もありません。
エナメル質を傷つけずに表面についてしまった汚れのみを取り除いていくことができますので、歯の健康を守れるようになってくるのです。
このように、歯磨きを行う方法によっても、歯にかかるダメージや効果が大きく異なってきます。
歯の健康を考えたときや、プラークの蓄積を防止したいと考えたときには、電動の歯ブラシを使ってケアを行ってみるとよいでしょう。
機械の力で磨いていくことにより、歯の健康を守れるようになるのです。

電動歯ブラシにはたくさんのメリットがありますが、使い方を間違えたりするとデメリットが生じる場合もあります。

電動歯ブラシは多くの振動を発生させて汚れを落とします。軽く歯に当てるだけでその効果は期待できますが、なんとなく物足りない気がして歯茎に強く押しあてたりすると、歯茎を傷つけることになり炎症の原因になります。またゴシゴシ力を入れて磨いてしまうことも、歯が擦り減ったり磨き残しが出る可能性があります。また電動歯ブラシを使い慣れていないと、振動が手や頭に伝わる感触から気持ちが悪くなってしまったり、頭痛を引き起こしてしまうこともあります。そのためきれいに磨けるようになるまで時間がかかってしまうことがあります。電動歯ブラシには振動歯ブラシや音波歯ブラシといった種類の他に、超音波歯ブラシというものがあります。超音波歯ブラシは振動がないので、夜間の際の歯磨きの音を気にすることもなく、強くあてすぎて歯茎を傷つけたり、気分が悪くなったり頭痛を誘発することはありません。しかし歯の表面をきれいにしたいときは、自分で動かす必要があります。それぞれのメリットデメリットを踏まえたうえで、自分の好みに応じた電動歯ブラシを見つけましょう。

お口の健康が、体の健康と大きな関係があることが判明した現在では歯や歯茎に対しても関心が高いです。

まず、歯を虫歯や歯周病から守るために大切なことは毎日の歯磨きの習慣です。
そして、正しい歯磨きで歯垢を取ることが一番重要です。
しかし、時間がかかる歯のブラッシングは中々大変です。
その大変さを、短時間でしてくれるのが電動歯ブラシのメリットになります。
一般的な電動歯ブラシの振動数は毎分3000回〜多くても1万回となっています。
この振動数を、手磨きですることは不可能です。
また、この振動数を3万回〜4万回にしたのが最近増えている音波の歯ブラシになります。
そして、これともう一つあるのが超音波発生装置を組み込んだもので、振動数を上げるのではなく音波を発生させて、歯垢をとりのぞくきます。
このような、効果で歯周病や虫歯の予防が簡単に手軽にできるのが電動歯ブラシのメリットです。
短時間で、口腔ケアができるので誰でも手軽にすることができます。
特に、おすすめしたいのは歯磨きをする際に無意識で強く磨く人には最適です。
歯を強く磨くことは、歯茎を痛める原因になります。
口腔ケアは、今では健康維持をするためには重要な部分となっています。

顔の中でも口元を綺麗にすることは重要です。

歯の中の汚れは自分では取りにくいもので、ブラッシングも癖がついてしまって磨けないところも出てきます。
特に笑顔を見せるときには歯を見せるわけですが、その時に歯が汚いとその人の魅力が半減してしまいます。
汚い歯をみせたくなく、コンプレックスになってしまっている人もいるので、歯は綺麗に保ちましょう。
歯の汚れは毎日のブラッシングで落とすのには難しいです。
特に食生活や喫煙などの生活習慣でも歯の黄ばみや色素が沈着してきます。
飲み物などの色素も定着しやすく落ちにくいです。
歯を綺麗にするには専門の医者でホワイトニングをする方法もありますが、自分でも電動歯ブラシを使うことで綺麗な歯を手に入れることができます。
種類も振動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシなど多くあります。
そういう特殊な歯ブラシを毎日使うことにより、歯についている黄ばみなどの色素を取ることができ、綺麗な白い歯にすることができます。
綺麗な歯を保つことは虫歯にもなりにくいということです。
歯にこびりついたものは汚れとなって歯垢や歯石になってしまいますが、それらの汚れを落とすことにより黄ばみが無くなってきます。